幸せの糸への旅

あなたをちょっとだけ幸せにするブログ。佐賀、福岡を拠点に活動する、小粒染織家&占術家です。幸せを呼ぶ不思議な染織やら開運についてゆる~くつぶやきます。

茜色は染め重ねて、真紅色の糸を。

枇杷… 実がなっているのを見た時点で、 ダメだと気づくべきでした。 枇杷の色は、 全て実に吸い取られ、 葉っぱからは色は出ず。 冬に収穫するべきものでした。 おバカな大失敗。 気を取り直して、 先日、茜染めした糸を、 さらに染めることに。 一度で茜色…

枇杷からは枇杷色の糸を。

本日の収穫物。 枇杷の葉。 染料になるので、 明日、煮出してみようと思います。 でも、この時期に収穫しても、何にも色出ないかもしれません。 まぁ、いいや。 ダメと言われても、やってみるという。。 そして、、 本日のおやつ、いや、夜ごはん。 パブロの…

はるか昔へ…記憶喪失との戦い。

尊敬するお方との最後の挨拶に、 本日は朝から実家へ。 過保護な両親がおりますので、 実家から迎えの車が来まして、 お食事もきちんと用意され、 もちろん、 喪服や香典袋(※表書き済)まで、 きっちり用意されていた。 コーヒー片手に、 一日中、書物を読…

目の前に広がる道を歩くんだ。

本日、 尊敬していた方が旅立たれ、 心にぽっかり穴が空いたようで、 言葉がありませぬ。 わたしの名付け親で、 家族を除いたら、 三本指に入るくらい大切な方で、、、 もう一度だけでもお話したいという夢は叶わず。 何一つ、 満足な成果を見せられないまま…

時間よ、戻れ。

本日、 好きに作ってよい、という依頼で、 小物の製作を請け負ったので、 好きな色だけ聞いてみたら、 なんと 「臙脂色」 という答えが返ってきた。 うろ覚えだそうですが、 前に虫から採った染料で染めたものを見て、 それ以来、 その色が好きになったのだ…

コチニールからは鮮やかな臙脂色の糸を。

染色しながら、 ネットサーフィンしていたところ、 ある作業台に一目惚れ❤︎ 突然、新調したくなったので、 染色を放っぽり出し、 イケアにレッツゴー! しかし、、 緊急事態宣言の明けた休日をナメてました。 巨大駐車場は満車、店内は人で溢れかえってまし…

懐かしきオールドアムステルダムの布。

やまもも(渋木)染めの布は、 チーズ色に。 この色、オールドアムステルダムの色ですネ❤︎ あ、 オールドアムステルダムは、わたしの大好きだったチーズの名前です。 最近、食べてないわ。。。 ハードタイプのチーズ。 ほんの少しのカケラで、強烈なチーズフ…

チーズねこは、チーズ色の糸を生む。

本日は、夜通し染色祭りのため、 夕方から眠っており、 ようやく目が覚めました。 まずは、チーズ色に染めましょ〜か。 染料は、この前少し失敗した、やまもも(渋木)辺りで。 なぜですかぁ〜 眠りに入る少し前、、、 夜食の調達に出かけており、 お目当て…

【双子座の新月】鮮やかに生きていくチカラをあなたに。

明日、22日22時36分から、双子座の新月になります。 ジャスト新月は、23日2時38分。 新月タイムは25日まで続きます。 双子座の守護星は水星。 水星(マーキュリー)は、ローマ神話に登場する商業や旅人の守護神、メルクリウスの英語名。 ギリシア神話におい…

天から届いた、不思議な花。

本日、 昼は師匠のお宅に糸を買いに走り、 夜は注文していた染料やら鍋を受け取り、 気づけば、 家屋内の通路は、 何一つ扉が閉まらないほどに、 物が散乱しきっているんですけれども、 色んなものを買い込んだせいか、 色んな知識をインプットしたせいか、 …

赤い月の魔力。

炎の花は、織りおわったんですが、 少し、経糸が余ったので、 別の色を入れて、 簡単な試し織りを。 山々の向こうに、赤い三日月。 山々は金糸から。 三日月は、茜染めした糸から。 赤い月って、 何だか踏み込んではいけないような、 得体の知れない怖さがあ…

最後のユリまであと一花。

おぉ、 炎の花の全容が見えました❤︎ しつこいですが、、 図案を見続けなければいけないので、 眼精疲労がハンパない。 盛大に休憩を取りながらでなければ、 続けられないのです。 それでも、 わたし、こうやって、 絵を織っていくのが好きなんですよね。 し…

炎の花は、金にきらめく。

炎のユリのタペストリー製作。 始めましたヨ❤︎ 金糸で、ユリの花を描いていきます。 何も最初から、 複雑そうな花弁を持つ花を選ばなくても、、 と思いますが、 でも、心がこれにしろと言う。 炎の花は、金にきらめく。 コレ、キラキラ光っていて、 とても綺…

栄光のユリと呼ばれる花。

次作のデザインを考えている間に。 くちなしの実で染色を。 鮮やかな黄色にしか染まらない。 けれど、派手というワケではなく、 温かさを感じるのは、 植物からもたらされた色だからでしょ〜か? 少しの染料で、だいぶ染められるので、 予定にはなかったけれ…

天からの声を待つ。

先日のフクギ染めの布。 散々、刺しゅうを失敗してしまい、 最終的に必要量確保できなかったので、 追加で製造。 そして、心はお次の製作へ。 今、手元にある糸では、 やりたいことが上手くできない気がしてならないけれど、 案外、面白い発見もあるかもしれ…

続。ハト攻防戦。第2の門を封鎖せよ!

今朝、起きると、 先日、出入り口を封鎖したはずなのに、 やつらの建設した棲み家に、 卵を発見してしまった…! 初めて見ました。 ハトの卵。 高さ4cmくらいだったでしょ〜か? 震えながら、 我が家から巣と卵を撤去。 動揺のあまり、写真はありませぬ。 朝…

フクギの庭園には、金の宝箱が眠る。

「金の箱庭」のサコッシュ。 裏側。 金糸を斜め横に走らせております。 そのままでは足りぬ布を、 金縫い(きんつくろい)して、一枚の布に。 日本古来の器の修復技術からアイデアいただきました。 内側には、 おつるちゃんをさりげなく。 縁起の良さそうな…

光が射すと、キラキラ光る。

何度も失敗を繰り返し、 織り上げた布を半分以上ダメにし、 何とか出来ました。 「金の庭園」 金糸で方形の刺しゅうを施しています。 光が射すと、キラキラ光る。 ハッキリとは分かりづらいんですけれども。 そりゃ、 布も同系色だもの。 とりあえず、こんな…

ハト攻防戦。城の入口を封鎖せよ!

ポッポッポッポ。。。 朝っぱらから、 不愉快な声で目覚め、 嫌な予感がして、 ベランダを覗くと、 鳩ネットで、 撃退したはずの鳩たちが、 我が家のベランダを歩き回っていた…! そういえば、最近、 ベランダに木くずや葉っぱがやたら落ちている…? 嫌な予…

布の上には、金色に輝く庭園を。

一旦、仕上げを終えた布は、 これからすこぅし細工を。 はて、その細工。。 そもそもやってよいものか。 果たして上手くいくのか。 それは考えないようにしなければ、先に進めないので、恐る恐る、作業開始。 「金の庭園」 果たして出現してくれるのでしょう…

死後の世界から再び現世へ。

昨日、織り上げた、 市松模様の布。 これから重要な作業があるんですけれども、 一度、水に浸け、まずは仕上げを。 そろそろ乾くかな、 という時に、、 大きな織り間違いを発見。 続きの作業ができるのは、週明けだわ。。 はて。 急にやることがなくなり、 …

琉球からの風が吹く。

フクギ(福木)で染めた糸から、 市松模様が浮かぶ。 東福寺にある、 幾何学模様の枯山水式庭園をモデルに。 表裏の模様が逆に浮かぶ、 やや厚手の生地になります。 「金の庭園」 これで完成するわけではないのですが、 土台はこれで。 あと一色、 化学染料…

「金の箱庭」

今朝から引っ張り出して眺めていた、 フクギ(福木)で染めた糸。 1年近く、眠らせていたので、 もう使っても良かろう。 布を織るとき。 最初に、デザインがあって、 そこから計画的に糸を染める時と。 何も考えず、 好き勝手に染めて、 その糸を眺めながら…

藤の花を恋うミイラ。

ここは、エジプトの砂漠でしょ〜か? 一体、何を食ったら、 こんなにお腹を壊すんだろうかというくらい、 お腹を下していて、 体内、あまりの水不足で、 ミイラになりかけている本日。。。 LINEには、和の国から優雅な写真が届く。 今の時期、 満開に咲き誇…

草木染め「かりやす」

本日の染め。 「刈安(かりやす)」 ススキによく似たイネ科の多年草。 黄色系の染料です。 あなた、 この前も黄色を染めてませんでしたか? 大丈夫です。 そのうち半分は緑色になるので、よいのです。 黄色の上から、藍をかけて、緑色を作るのです。 ん〜、…

この赤は、、、ヤバい。

西洋茜の染め。 今朝方、 水面から引き揚げた糸の、 赤のなんと鮮烈なこと。 太陽の色よりも濃く 炎のような 血のような なんて生命力の強い色なんだろう。 自然のものから、 このような色が生まれることを知った、 昔の人々は、 この赤に取り憑かれたことだ…

ふたたび、赤の世界へ。

本日、珍しく早起きし、 午前中にその日やらなければいけないことを終わらせてしまったら、、 その反動でしょ〜か? 昼過ぎからは、本やデザイン画を眺めて、 のらりくらりと過ごしてしまい、、、 気がつけば、 夜も更けました。。。 昼から大量摂取している…

「えんじゅ」から生まれる、縁起の良い糸。

青空の下、 柿渋染めの布が 染め上がっていく。 柿渋は、紫外線に反応して、 どんどん色が濃くなるので、 とにかく天日干しします。 最低でも、 あと数日は干したいわ。 しばらく、 ボケ〜っと、 色の変化を眺めていたけれど、 そんなに短時間で大きな変化が…

草木染め「矢車」はホットケーキのように。

深夜になって、 突然、染色をしたくなってしまい。。。 矢車(※小さな松ぼっくりみたいなの)を袋から取り出し、 染料を煮出し始めてしまったため、 とりあえず、木綿布を染めてみる。 お腹が空いていたのか、 元々こういう香りなのか、 染料を煮出している…

その奥へと続く門はどこだ?

本日も、染織に関する書物を読みふけって、 一日が終わる。。。 それまで、何となく受け身に得てきた染織の知識があまりにも断片的で、 実際にやろうと思っても、 どこから手をつけたらよいのか分からないことも多く。 手のひらに乗っかった、 パズルのピー…