幸せの糸への旅

あなたをちょっとだけ幸せにするブログ。佐賀、福岡を拠点に活動する、小粒染織家&占術家です。幸せを呼ぶ不思議な染織やら開運についてゆる~くつぶやきます。

十五夜には月に祈りを。

そういえば。

 

明日は、旧暦の8月15日にあたります。

 

一年のうちで、一番、月が綺麗に見える日。

だから、旧暦8月の「十五夜」はお月見の日なのですね。

中秋の名月」とも呼ばれています。

そして、ちょうど満月の日と重なっているんです。

(※十五夜と満月は、必ず重なるというわけではなく、むしろ異なることが多い。)

 

ロマンチックな魚座の満月にお月見って、とっても幻想的で素敵ですよね❤︎

 

十五夜の月見が広がり始めたのは、平安時代

中国から伝わり、詩歌や管弦を楽しみつつ酒を酌むといった優雅な催しで、貴族の間で楽しまれていたようです。

 

庶民にも広がったのは、江戸時代。

江戸中期以降になると、ただ月を眺めて楽しむだけでなく、願掛けや供え物といった宗教的な要素が入ってきたようです。

 

英語圏では、「Harvest Moon」や「Hunter's Moon」とも呼ばれていて、収穫祭の意味もあります。

 

十五夜の夜は、稲穂に見立てたススキと、秋の収穫物(お芋や栗など)を窓辺に飾って、月に祈りを。

お供え物は、お月見が終わった後に、食べましょう。

お供え物を体に取り込むと、健康や幸せを呼び込むそうですヨ❤︎

 

f:id:siawasenoito:20190912195755p:plain

-----------------------------------------------------

❤︎気学鑑定のご依頼は、お気軽にまずはご質問から❤︎

https://www.kobo-026.com

 

❤︎『吉日に染色した織物』の情報はこちら‪︎❤︎‪︎

http://shop.iichi.com/yuiotowa